育毛剤の配合成分「塩酸ピリドキシン」の育毛効果・副作用とは?

育毛剤の配合成分「塩酸ピリドキシン」の育毛効果・副作用とは?

塩酸ピリドキシンの育毛効果や副作用は?

育毛剤に使用される以外にも多用途で用いられる塩酸ピリドキシンですが、どういった成分なのでしょか?

・育毛効果はあるの?
・副作用はあるの?
・頭皮につけても大丈夫なの?

そんな塩酸ピリドキシンについて、このページでは詳しくご説明させていただきます。

塩酸ピリドキシンの育毛効果は?

塩酸ピリドキシンはビタミンの一種でビタミンB群に属しており、アボガドやバナナ、ピーナッツなどに含まれます。

主に口内炎の治療薬や貧血の治療薬として利用されていますが、頭皮にはどういった効果があるのでしょうか?

塩酸ピリドキシンには血行を促進する効果がある

塩酸ピリドキシンには血中のヘモグロビンや赤血球などの形成を促進する作用があります。

体内で血液がたくさん作られることになるため、塩酸ピリドキシンを摂取すれば血行を促進することができます。

血流が良くなると、多くの血液にのった栄養が頭皮の毛細血管を通して毛根に運ばれ、細胞が新しくなるサイクルが整います。

そのため、頭皮環境の改善にとって非常に有効な成分だと言えます。

頭皮環境の改善が見込める

塩酸ピリドキシンには抗炎症作用に加えて、フケやかゆみを抑える作用があります。

雑菌や皮脂の過剰分泌により頭皮は炎症を起こしますが、そういった炎症をおさえ、毛根へのダメージを防いでくれます。

フケや皮脂の分泌が多い方は、毛穴に詰まりから脱毛を引き起こす脂漏性脱毛が起きやすくなります。

また、かゆみがあると頭皮を引っ掻いてしまい、傷をつけてしまうことがあります。

どちらも頭皮環境を悪化させる原因になるので改善が望まれますが、塩酸ピリドキシンはこれらの症状を緩和してくれます。

塩酸ピリドキシンの育毛効果 まとめ

このように塩酸ピリドキシンには、血行促進、抗炎症作用、フケやかゆみを抑える作用があり、直接の毛根刺激と頭皮環境改善の両方がまかなえます。

どれも育毛をする上でとても重要なものばかりですね

塩酸ピリドキシンの副作用は?

塩酸ピリドキシンには、特に注意するべき副作用はないと言われています。

また、育毛剤として使用する場合は体内への吸収もほとんどなく、配合されている量も僅かですので副作用の心配はありません。

ただし、過剰摂取すると軽い吐き気や食欲不振などを引き起こす恐れがあるため、1日の用量や用法などについては、しっかりと守る必要があります、

頭皮につけても大丈夫なの?

育毛剤の場合、1日の使用推奨回数を守っていれば、特に問題ありません。

新生児や乳幼児には使用しない

塩酸ピリドキシンでとくに注意すべき副作用はないと記載しましたが、新生児や乳幼児に関しては下痢や嘔吐、肝機能異常、横紋筋融解症などの重い副作用を引き起こす可能性があります。

そのため、塩酸ピリドキシンが含まれた育毛剤などを使用する際には、新生児や乳幼児の体内に入らないように注意しましょう。

塩酸ピリドキシンの副作用は? まとめ

塩酸ピリドキシンには副作用はないと言われています。

ただし、過剰摂取や新生児や乳幼児には使用しないなどの注意が必要です。

塩酸ピリドキシン配合のおすすめ育毛剤は?

ほとんどの女性用育毛剤に入っていると言っても過言ではない塩酸ピリドキシンですが、その中でのおすすめしたい育毛剤は「花蘭咲(からんさ)」です。

女性の薄毛の原因は加齢やストレス、頭皮トラブルなどの様々な要因があります。

それらの薄毛タイプや薄毛の部位にあわせて、適切な育毛を行うことが薄毛改善につながりますが、花蘭咲はどんな薄毛タイプ、部位にでも最適な育毛が行える女性用育毛剤です。


育毛の悩みと疑問カテゴリの最新記事